日本で1番需要が高い埋没法とその方法について

MENU

メリットデメリット

埋没法は単純に二重整形だけでなく、それ以外のオプションを利用する人も多いです。特に、近年では二重の形も日本人の目にあっていない、再現が難しい形が流行しているために、人によっては埋没法プラス切開を利用しなければ理想的な目にはなれないことがあります。
日本人は蒙古ヒダとわれるものがあり、これが目頭に存在していることによって外国人のような幅の広い二重は作りにくくなっています。もし外国人のような幅広の並行二重を作りたい場合には、蒙古襞を切開する治療をプラスする必要があります。
ヒダを切開すれば目の幅が広がり、更に綺麗で大きな目を手に入れることができます。切開をすれば当然やり直しは効きにくくなりますし、何より少ないものの抜糸が必要となってしまいます。抜糸が必要になるということはそれだけ回復にも時間がかかってしまいますから、お金と時間に余裕を持った状態でするようにして下さい。
最近では目頭の切開ではなく、目尻を切開する方法も人気です。目尻を切開すればややタレ目がちな形になり、白目の部分が増えて優しい印象になります。切り過ぎると三白眼になってしまいますから腕の良い医師に頼む必要があります。黒目が小さい人や目の形によってはこの治療に向いていない人もいますから、理想を追いかけるのではなく自分の顔をよく把握した上で利用することが大切です。
他にも、目元にヒアルロン酸や自分の脂肪を注入することで涙袋を作り、更に印象的な目元にすることも可能となっています。この治療は注射器1本で可能であり、気軽に利用することができるオプションです。美容外科でも埋没整形とセットで利用される確率が高く人気の治療でもあります。
目の印象を変化させればまったく別人のようになることだってできるのです。化粧の幅が広がれば毎日がグッと楽しくなります。埋没整形は金銭的にもハードル的にもそう負担が大きいものではありませんから、コンプレックスの解消に是非利用して下さい。