日本で1番需要が高い埋没法とその方法について

MENU

カウンセリング

進化している埋没法について

埋没法は二重まぶたを作る時に行う整形方法です。まぶたに特殊な細い糸で二重のひだをつくる方法です。埋没法はメスを使って切開する必要がなく、短時間で希望の二重を手に入れることができるのでプチ整形とも呼ばれており、とても人気が高くなっています。 技術もどんどん開発されており、施術後にもほとんど腫れが出ないようになっています。そのため二重の施術をした後でもすぐに仕事や学校に行くこともできるのす。また周囲に施術を受けたこともわかりにくくなっています。 また痛みをあまり感じないように表面麻酔も取り入れるなどの取り組みも行われています。そのため不安を感じることなく施術を受けることが出来るのです。 糸で止めて二重を作っているだけでなので気に入らない場合は戻すこともできます。

美容整形外科での施術内容について

埋没法は美容整形外科や美容クリニックで施術を受けることができます。医療行為になりますのでエステサロンなどでは行っていない方法です。埋没法はとても一般的な二重まぶたを作る方法なので、多くの美容整形外科で取入れている方法です。 埋没法と言っても美容整形外科で行っている方法は異なっている場合があります。埋没法は一般的に2つの方法があり、上のまぶたの筋肉に糸で二重を作る挙筋法と瞼板軟骨に糸で結ぶ瞼板法があります。 また美容整形外科によって金額も異なっているのですが一般的には両目で6万円からできるようになっています。最近では美容整形外科でもキャンペーンなどを行っているので利用すればもう少し安い金額で受けることができます。