日本で1番需要が高い埋没法とその方法について

MENU

方法を選択

目を二重にするための手段として、最も手軽な美容整形である埋没整形ですが、これは特殊な針のような道具を利用して行う治療であり、メスは必要ありません。ですから術後に抜糸も必要ではありませんから、安心して治療に望めます。
この整形はまぶたを二重の状態で折れ曲がるようにするために行うものであり、筋肉を縫い付けるというよりも括りつけてとめることによって二重を作ります。一般的には3箇所とめることになりますが、もっと頑丈にしたいという場合には4〜5点までならばとめることができます。治療した後は3〜1週間くらいは泣きはらしたような目になってしまいますから、会社や学校がない連休中に治療することが望まれます。
昔はもっとお化けのように腫れあがる治療だったのですが、技術的な進化によってあまり腫れない、切れない便利な整形に進化しています。
治療直後に目を触ると縫い止めた部分がずれ、大変なことになってしまう可能性がありますから、安静にただ寝ているようにして下さい。目を使うと治療部分の回復が遅れてしまいますから出来る限り当日〜3日あたりまではのんびりと過ごすようにして下さい。
この治療はだいたい3万円〜15万円前後で出来るようになっており、病院によって値段が大きく違います。しかし、そう難しい治療ではありませんから信頼できる先生を見つければ値段が安くても高くても利用して問題はありません。
また、埋没法に利用する糸によって値段が変化することもあります。丈夫な糸であればあるほどに切れて効果がなくなってしまうようなことがありませんから、長持ちさせたい人は多少お金をかけるようなことも必要になってきます。